MENU

ファイティングイーグルス名古屋

FE NAGOYA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > B.LEAGUE「クラブライセンス判定」のお知らせ

B.LEAGUE「クラブライセンス判定」のお知らせ

いつもファイティングイーグルス名古屋に熱い声援をいただき、ありがとうございます。

本日、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)より、2020-21シーズンにおける「クラブライセンス判定」が発表され、豊通ファイティングイーグルス名古屋は、「B2ライセンス」を付与されましたのでお知らせします。
 


■坂口代表取締役社長コメント
豊通ファイティングイーグルス名古屋のファンの皆様へ:当クラブは、Bリーグ参戦当初より “B1ライセンスの取得、B1昇格” を目指して活動してまいりました。今シーズンに関しては、リーグ戦8位という “B1昇格にふさわしい成績を残せなかった事“ をあらためてお詫びするとともに反省したいと思います。更にライセンスに関しましては、昨年同様、5,000人のアリーナ建設に向けた確証を提出できずB2ライセンス付与との結果となりました。今シーズンも5,000人超アリーナに関し関係各方面と検討を進めてまいりましたが、特に1月以降の社会状況より検討を前に進めることができませんでした。B1ライセンスの取得を応援・ご期待頂いていたファンの皆様、スポンサーをはじめとする関係者の皆様の期待にお応えできなかった事を深くお詫び申し上げます。 “スポーツ、コンサート等のエンターテインメントを快適に楽しめる5,000人超規模のアリーナ” と言うものがファイティングイーグルス名古屋の為にだけではなく、名古屋地域の更なる活性化、スポーツ振興その他の地域貢献効果があるものと確信しており、引き続き5,000人超アリーナの確保に向けた努力・挑戦を続けてまいります。今後とも変わらぬご声援・ご支援を賜りますようによろしくお願い申し上げます。


■ご参考
B.LEAGUE公式サイト:https://www.bleague.jp/news_detail/id=82014