MENU

ファイティングイーグルス名古屋

FE NAGOYA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【2020-21ファイティングイーグルス名古屋】ヘッドコーチ継続のご報告

【2020-21ファイティングイーグルス名古屋】ヘッドコーチ継続のご報告

いつもFE名古屋に熱いご声援をいただきありがとうございます。

昨年6月に川辺泰三HCの就任を公表した際にもお伝えしておりますが、2020-21シーズンも川辺HCにFE名古屋の指揮をお願いいたします。
来シーズンもタイゾーバスケットのさらなる進化を期待しています。  
 
FE名古屋代表 坂口 肇
 


HC:川辺泰三
 



【経歴】
1982年5月13日(37歳) 
2005年 甲南大学卒
選手経歴
2005-2009 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ(JBL)
2009-2012 京都ハンナリーズ(bj)
2012-2013 大阪エヴェッサ(bj)
2013-2014 島根スサノオマジック(bj)
指導者経歴
2017-2020 ファイティングイーグルス名古屋
 
【コメント】
2019-20シーズンは突然のHC就任、新型コロナウイルス感染症拡大による突然のシーズン終了とバスケット人生の中でも忘れることのできない激動の1年になりました。 そんな状況の中、ルーキーHCを支えて頂いたファンの皆様、スポンサーの皆様、会社関係者の皆様、そして選手のみんなに心から感謝を伝えたいです。私の経験不足や新しいバスケットへの挑戦、主力選手の怪我・チームの構築と苦労もしましたが、どんな時でも選手達はチームを信じ挑戦し成長してくれました。 「プレーオフ・優勝」へ全員が「いけるぞ!」となってる時に突然のシーズン終了でとても残念でしたが色々と経験をさせて貰い、学んだシーズンになったと思います。
2020-21シーズンは、夏の練習から徹底力と実行力を追求し、今シーズンの反省と修正を生かしシーズン前半から勝って修正出来るチームになります。そして、成長した全員バスケットをお見せします。 来シーズンこそチームの悲願であるBリーグ「プレーオフ・B2優勝」を達成し、「B1昇格の条件」をクリアします!
最後に、新型コロナウイルス感染症を止めるのは僕たち1人1人の行動が全てだと思います。皆でこの危機を 乗り越え秋には共に戦って下さい!応援宜しくお願い致します。